R.Kさん(営業)

R.Kさん2016年入社

流体機器事業部 営業部 営業二課
法政大学 キャリアデザイン学部
キャリアデザイン学科 卒業

どんなときも冷静に状況を判断できる営業マンに

私は文系出身で、実は小坂研究所のことはよく知りませんでした。大学の求人で見かけて、工場見学に行ってみたところ、テレビドラマのようなモノづくりの現場がそこにはありました。技術者が手づくりで一つの製品を完成させていく姿を見て、強く感銘を受け、「ぜひここで働きたい」と思って入社しました。
現在はポンプ担当の営業として、社内外を飛び回っています。理系の知識がなかったので、最初は大変でしたが、先輩から「なんでも聞いて」と言われていたので、少しでも分からないことがあると質問するようにしていました。ポンプの知識も当然ゼロでしたが、世界中で小坂でしかつくれないポンプがあること、小坂のポンプがないと発電所が動かないことなどを知り、やりがいを感じています。
お客様から「ポンプが動かない」と緊急連絡をもらい、良く調べるとポンプに異常はなく、実は使い方が間違っていたということはよくあります。そんなとき、事態を把握し、誰が何をすべきかを指示していきます。とはいえ、まだまだ私が経験していないこともたくさんあり、どんなときにも冷静に判断できる営業になることが私の目標です。




お客様との打合せ

Q1.仕事で大変なことはなんですか?

メーカーであれば当たり前のことですが、モノを売るにはそのモノについてプロでなければなりません。
しかし、入社までポンプのことを何も知らなかった私がすぐに理解できるほど、ポンプの世界は易しいものではありませんでした。
次々とわからないことが起こり、大変ですがそのたびに七転八起し、先輩に聞いたり、資料を読んだりと精進する毎日です。

Q2.やりがいや楽しいことはなんですか?

若いうちからいろいろな経験ができることですね。半世紀以上世界中にポンプを販売してきた実績をもつ会社なので、出張や客先訪問で設計者や現場の方に当社のポンプを気に入ってもらえていることを知れば嬉しく思います。
また、プライドをもって自社の製品を売っていこうと思えることはやりがいに繋がります。


休日はサッカー観戦!

Q3.大学で学んだことは活かせていますか?

強いて言うなら言語ですかね。
メーカーで営業をするとなった場合、文系の方は大学で勉強したことが直接的に仕事の役に立つことはほとんどないかもしれませんね。

Q4.大学でこんなことを勉強していれば役に立ったなと思うものはありますか?

ユーザーが世界中にいるので、言語はやればやるだけアドバンテージになっただろうな、と思います。