S.Aさん(技術)

S.Aさん2014年入社

流体機器事業部 技術部 技術二課
東京電機大学 先端機械工学科 卒業

世の中の役に立つモノづくりを

大学で流体力学を学び、「学んだことを活かせる会社に」と小坂研究所へ入社しました。もともとモノづくりがしたかったので、会社説明会で社内見学をしたときに「自分もやってみたい」という気持ちが刺激されました。
現在、私は潤滑油などの移送に使用される渦巻ポンプの設計をしています。普段の生活で目に触れるものではないですが、発電所のタービンなど私たちの生活になくてはならない発電を支える重要なものなんです。
入社前は「潤滑油ポンプってなんだろう?」と思っていましたが、今は世の中の役に立つものを作っていることに誇りを感じています。

小坂研究所の良いところは1人の技術者が設計から製造まですべての工程に関われることですね。ポンプは奥が深いので、分からないことがあると他部署の先輩や上司に教えてもらうことも多々あります。
部署を越えて仲が良いことも当社の良いところですね。同期も毎年旅行に行くほど仲が良いんですよ!


製造現場で製品を前に組立課の社員と打ち合わせ

Q1.仕事で大変なことはなんですか?

ユーザーから要求されている仕様や適用される規格などを満たせるように、ポンプの材料や寸法などを選定していくことです。
選定に際して求められる技術的な知識はたくさんあり、日々の業務から学ぶことの連続です。

Q2.やりがいや楽しいことはなんですか?

ありきたりではありますが、やはり一から自分が携わったポンプが、求められた仕様をクリアして問題なく稼働し、無事に出荷できたときはやりがいを感じます。


社員食堂はとても美味しく、同期や後輩との会話も弾みます

Q3.大学で学んだことは活かせていますか?

大学では材料、力学、測定など工学系の分野を広く学びましたが、それらはポンプ設計に必要とされる工学系の知識が詰まっており、学んだ内容は日々の設計業務に活かしています。

Q4.大学でこんなことを勉強していれば役に立ったなと思うものはありますか?

強いてあげるなら英語です。設計業務ではユーザーが要求する仕様が記載された書類は英語が多く、仕様を確認するときには英語を読む必要があるからです。
技術英語は知っておいて損はないと思います。