油回収船、清掃船、に小坂「油回収ポンプ装置」が利用されています。

株式会社小坂研究所

検索ヘルプ

大型油回収船で使用された小坂スクリューポンプの挑戦

大型油回収船

近年、日本近海でタンカーの原油流出事故が相次ぎ発生し、油回収船の必要性が求められております。これらの大事故で油回収船が活躍したことは、皆様記憶に新しいところだと思われます。

深刻化する環境問題"打破"へ向かって

大型油回収船「清龍丸」で使用されていたポンプは小坂のUH-4000型です

1997年7月の東京湾の原油流出事故の際、弊社のポンプを搭載した運輸省の大型油回収船、清龍丸が到着するまでは、ひしゃくや吸着マットで回収せざるを得ませんでした。東京湾の自治体はこうした事故の教訓から、初期の油回収に役立てようと、小回りが利く港のゴミ拾いに使用されている清掃船に着目。国、自治体にある十八隻の清掃船の仕様を改良して、脱着式の油回収装置を搭載することを決めました。

油回収船、清掃船、に小坂「油回収ポンプ装置」が利用されています

東京都では、清掃船の第1清海丸の代替船として建造している船に油回収装置が積めるよう変更し、横浜市も清掃船を改造し油回収装置を備え付けました。

油回収ポンプ装置仕様

一軸スクリューポンプ

清龍丸
型式 UH-4000型
油処理容量 1000m3/h
清掃船 第1清海丸の代替船(東京都)
型式 UH-800型
油処理容量 25m3/h
清掃船改造(横浜市)
型式 UH-1000型
油処理容量 30m3/h